« 雷雨と爆風のち | トップページ | 大好き »

2008年11月 9日 (日)

ランニングライン

1995年3月。

フライフィッシングで十勝川のアメマスを狙い始めた頃のこと。

9’#8のロッドを入手し、ショップでセッティングしてもらった「シューティングヘッドの

ラインシステムを試そうと音更の自宅から歩いて行ける川へ練習に行った。

 「ロッドティップで弾くように・・・」

 「シンキングラインは比重が重たく落下しやすいので、ティップを下げずロッドの外側を通過させ・・・・」

 「ラインスピードが上がりすぎないように・・・」

本に書いてある事と同じようにやるが、飛距離があまり伸びていかない。

ツタヤで買った「ザ・パワーウェット(沢田賢一郎著)」で広がっていた夢の世界があっという間にかすんでいく。

実はセットしてもらったラインニングラインは3M社のフローティングレベルラインだったのだ。

そこで、本に書いてある通りショップで「フラットビーム」の25LBを買い、セッティングしなおしてから再び川へ練習しに。

ドシロウトなりに劇的な違いがわかる。

感じる。

滑る。

飛んでいく。

コレいい!

 

が、いざ釣りでウェーディングしてみると大変なことに気づいた。

キャスティングより何より、流れに食われるランニングライン。

見よう見まねでラインを左手にホールドしても、トラブルばかり・・・。

翌年から2年ほどラインバスケットのお世話になった。

201107m 今はコレに落ち着いた。

7回リトリーブで小指

6回で薬指

5回で中指

余りを人差し指・・・のように。

川の釣りでなら、ほとんどトラブルなく処理できる。

数多く市販されているランニングラインも、その用途によって評価は様々。

自分が過去に使っていたもののなかで、使い勝手の良かったもは

ダイリキランニングライン

フラットビームスーパー

エアロシューター(オーバル)

201107p 巻きグセによるライントラブル発生は大きな課題。

いずれのラインも冬の厳寒期には巻きグセが多少残るので、

直径の大きなリールを使い、使用前に水につけてからしっかり引っ張って伸ばす。

エアロシューターオーバルは6~7年巻き変えていない。今でも現役です。

使用するランニングラインとその処理は、釣りの時間を劇的に快適に変えてくれる。

|

« 雷雨と爆風のち | トップページ | 大好き »

コメント

フクちゃん、この前はどうも!!
暫く離れていたフライに、また火がつきました。
ランニングラインは、自分はフラットビームしか使った事が無いので、他社製品にとても興味があります。
フローティングでトラブルの少ないライン・・・探してます。

今度御一緒するまでに、猛キャス練しておきます!!

投稿: 鱒 夫 | 2008年11月 9日 (日) 13時45分

フクちゃん、久しぶり!!
病気、闇の中から復活しました。最近は十勝に出張で出かけていマンモス!
ランニングライン・・・・・ビームを10年ほど交換していないカモシカ・・・・!?
平日昼間に釣りしようね^^

投稿: toko | 2008年11月 9日 (日) 17時11分

>鱒夫さん
本流でシューティングシステムを使うことを前提に書きます。
モノフィラランニングラインでフローティングタイプが
世に出たのが、確か今から10年くらい前でした。
それまで私も初代FLATBEAMを使っており、オレンジ色の中空フラットビーム(その後改良されて、
今は何世代目か)が出てから、すぐに買って使ってみました。
止水だと完全に水面に張り付くというよりも、サスペンド状態になります。
ゆるい流れの中では水面付近にラインがあるので、左手を軽く持ち上げなくても水の抵抗がなく、
ラインがぶっ飛んで気持ち良かったです。
問題だったのはライントラブルでキンクした場合。
折れた箇所の強度が著しく低下し、「折れ切れ」が発生。
それからすぐに透明グリーンの「アクロン エアロシューター」が出て、こいつは凄かったです。
ただどうしても時間が経過するにつれて厳寒期のラインの巻きグセが強くなり、2世代目の
「エアロシューター オーバル」を買いました。
これは年数が経過した今でも巻きグセがきれい取れるので快適に使え、ねじれ、キンク、伸び過ぎの
問題もないため現在も使っています。
その後出たものはもっと凄いんでしょうね・・。

ところでPCアドレス変わりました?

>tokoさん
無事、復活おめでとうございますっ!!
フラットビームは画期的なランニングラインですね。
でもいくらなんでもビームを10年・・・はヤバくないですか!?coldsweats01
私は平日休みなので、ちょうど良いです。
十勝に来られる時、連絡ください。スケジュールが合えばまたご一緒しましょう。wink

投稿: フクちゃん | 2008年11月 9日 (日) 18時38分

イク!イク!イクーーーー!!^^

投稿: toko | 2008年11月10日 (月) 18時20分

こんばんは!
ランニングラインは一長一短で非常に悩ましいところですね(笑)。
私はSTシステム使うのは止水が多いので、ハンドリング重視でフライライン素材の物を多様してます。
川では、夏はモノフィラで冬はフライライン素材の物と使い分けてます。
ただモノフィラは、私のライン処理能力だと飛距離は出ますがトラブルが多いです(笑)。
それに最近はスカジットスタイルで釣ることが多いので、ランニングの縒れが非常に気になるので、モノフィラだと50lb以上、フライライン素材だと30lb以上を使ってます。
これはロッドを回して振る以上仕方ないんですけどね。
一度細いモノフィラ使ってSTスペイで投げたのですが、ターンが極端に悪くなるし、ループの飛形が乱れて制御不能になりました(汗)。
やはりスペイの場合はランニングの抵抗が、ある程度必要だと痛感しました。
最近はF社の88lb使ってますが非常に快適です。ただ私の釣行頻度だと1月程しかもたないですが、比較的リーズナブルな設定なので消耗品と割り切ってます(笑)。

投稿: jock | 2008年11月10日 (月) 21時57分

>JOCKさん

こんばんは!
JOCKさんも色々使ってるんですね!
用途次第で色々と入れ替えできれば良いんですが、なかなか予算も許してくれないです・・・。despair
私は面倒くさがり屋なもので、ランニングラインは
一つだけで全てを解決したい。
無理な事とは分かっていながら、今は飛距離最優先。で次にトラブル減少を。

で、今度また新しいタイプのランニングラインがリリースされるようですね。エアロシューターオーバルだけでも凄いな~って思うのに、それを上回るものを?
研治さんは天才だな・・。

投稿: フクちゃん | 2008年11月14日 (金) 00時02分

はじめて、フライフィッシングにトライしようとするもので専門用語もまだよく分かりませんが、ご紹介のモノフィラメントのアクロン社の「エアロシューター・オオバル+2」は、50m巻で定価はいくら位ですか。御教示ください。

投稿: sumi | 2011年12月20日 (火) 13時57分

sumiさん、初めまして。フクちゃんと申します。

コメントありがとうございます。
アクロン エアロシューターの件ですが、
現在は最新バージョンの「ソリッドオーバル」という
製品が発売されています。
私はまだ使ったことはありませんが、
次に買うとなるとコレです。

20LB、30LB、40LBと3種類あり、
価格は50m巻で2,500~3,000円くらいのようですね。

どの太さを買うかですが、使用ロッドが
#8以下  →  20LB
#10前後 →  30LB
#12以上 →  40LB
というのが私の基準です。
参考になりましたでしょうか?

投稿: フクちゃん | 2011年12月21日 (水) 22時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133080/43055287

この記事へのトラックバック一覧です: ランニングライン:

« 雷雨と爆風のち | トップページ | 大好き »