« 2008日本キャスティング選手権その4 | トップページ | 味噌ラーメン »

2008年6月 8日 (日)

2008日本キャスティング選手権その5

閉会式終了後、カルロスさんと一緒に写真をとってもらいました。

Cimg1176 ブログ「にゃんキャス通信」が終了してからも、「ひょっとして復活してるんじゃないか?」と毎日お邪魔していました。ご本人はお元気そうで何よりです。

これまでキャスティングに関するいろんな事を学ばせて頂きました。

そして最後の最後までクールでカッコイイ男なのでした。

Cimg1177 帯広チーム武田君と。

彼も大変な状況のなか練習や競技参加とよく頑張ってきました。

5種総合での入賞、おめでとう!

プラグ種目は最初から上手かったけど、フライ種目も短期間ですごく上達したわ!6種で75m(実測)投げてたし・・・。

Cimg1191 競技場からホテルまでは緑帽子さんに送ってもらいました!

これがあのブログに出ていたジタバグ「ギリー・ポコ」の本物。

車内から大量に発見されました・・・。

Cimg1192_2  今回帯広に持ち帰ったもの。

上段左から3種:4位、4種:4位、5種総合:6位。

下段左から2種:6位、6種:3位、フライ総合:4位。

それぞれに気持ちが詰まっている大切な宝物です。

Cimg1198 色んな意味で来るのが難しいだけに、この場所は特別。

面白く、楽しく、厳しく、そして・・・・最高の場所です。

Cimg1204  行きも帰りも新幹線と飛行機の時間はギリギリでした。

20分しかないよ。空港の立ち食いで昼飯を流し込み。

また「カレーか・・・」って?(笑)

そうだよ。何か?

Cimg1210 帰りの飛行機。

いろんなことを考えてました。

まとまりのつかない、いろんなことを。

|

« 2008日本キャスティング選手権その4 | トップページ | 味噌ラーメン »

コメント

わたくし専門的な事は全くわかりませんが、気持ちを入れ替えてまた頑張ってくださいね^^;

投稿: ゆずぽん | 2008年6月 9日 (月) 22時08分

お疲れ様でした。
ご本人は納得されて無いようですが立派な成績だと思いますよ。
フライ総合の場合、1種のウェートが大き過ぎる気がします・・・。
まあルールですのでしょうがないのですが、1,2,6種それぞれ
同じくらいのウェートを持たせて欲しいと思うのは私だけではない筈。

投稿: 札幌のK | 2008年6月 9日 (月) 23時58分

トーナメントキャスティングにおけるアキュラシーの的一つの重さはフライでもプラグでも同じだと思っています。
ディスタンスの5mと的一つの5p、どちらが楽に稼げるか、体格的なハンディを技術でカバーする。
これも、トーナメントの世界で上に行くための立派な戦術であると思います。

まあ、今の日本では何でも強くなければ、チャンプにはなれないのは皆さんご存じだとは思いますが。

投稿: どくっち | 2008年6月10日 (火) 21時53分

みんな の プロフィールは、アクセスアップをお手伝いするサイトです。
http://blog.livedoor.jp/illuminatemp/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

投稿: みんな の プロフィール | 2008年6月10日 (火) 22時16分

ゆずぽんさん・・・・

ありがとうございます!
気合入れなおして頑張りまーす。


札幌のKさん・・・・

アキュラシー種目ができてこそのフライ総合なんですよね。
ディスタンスの弱さをカバーできるアキュラシー種目がフライ総合を面白く、そして難しくさせていて、のめり込んでしまう・・・。
あの緊張感はいつまで経っても凄いっす。


どくっちさん・・・・

ヒット1回の差が5mだから、やはり練習して上手くなるしかないですねぇ。総合で勝つってことは本当に難しい。1種はフライキャスティングの基礎が凝縮されていて、これ抜きに面白さは語れないな・・・って気がします。
そう考えると、9種総合やっている人ってやっぱり変態です!
フライ以外にスピニングもマルチも遠投もアキュラシーも・・・。で、ひとつひとつの種目をみても全てで優勝を狙える実力をもつ人がゴロゴロ。
なんだか改めてこの世界のトップレベルの凄さを感じます。

投稿: フクちゃん | 2008年6月11日 (水) 00時28分

フライ総合、勘違いしてました。
遠投種目は1st、2ndの合計なんですね^^;
だとすると3種目のバランスが取れてますね。
失礼致しました。

投稿: 札幌のK | 2008年6月12日 (木) 22時45分

おひさしぶりです
先日の新聞でも拝見しました!
おめでとうございます

最近は南十勝にサクラマス狙いに行って鱒が
さっぱり釣れそうに無い感じです

投稿: もり | 2008年6月14日 (土) 16時07分

札幌のKさん・・・・

当らないとイライラしますけど、実際の釣りに最も近い種目
かもしれませんね。オーバーヘッドキャスティングの基本で
ある正確なストレートラインでのプレゼンテーションとか、
ラインの長さに応じたフォルスのタイミングとか距離感。
数あるトリックキャストも全てここからだと思います。

で、1種。
やりませんか?(笑)


もりさん・・・・

サクラですか。もうそんな時期ですよねぇ。
ニジの時期でもありますよね。
そしてすぐにサーモンの季節。
で、すぐにアメマス。
釣り人は忙しいナ。

投稿: フクちゃん | 2008年6月14日 (土) 21時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133080/41473894

この記事へのトラックバック一覧です: 2008日本キャスティング選手権その5:

« 2008日本キャスティング選手権その4 | トップページ | 味噌ラーメン »