« 2008日本キャスティング選手権その3 | トップページ | 2008日本キャスティング選手権その5 »

2008年6月 5日 (木)

2008日本キャスティング選手権その4

続き。

フライ総合を意識していただけに1種の不甲斐ないポイントには残念な気持ちでいっぱい。

放心状態でしばらく寝転がっていたが、立ち直って気持ちを入れなおした頃を見計らってH江さんが声をかけてくれた。

「終わった後、こわい顔してたから声かけられなかった・・・」

オレ、そんな顔してたんですか・・・・?

そして先程の1種を見ていた時のアドバイスをくれました。わけも分からずに終わってしまったが、「見る人」から見れば、原因はハッキリ見えていたようです。

この場を借りてお礼を申し上げます。

Cimg1130

2008年日本選手権、最後の種目。

◆EV-2(フライ片手投げ距離)

フライ総合では届かなくても、一番いい投擲をしなくては!

一発の可能性はありながら不安定だった方のフォームは諦め、確実に2本揃えられるフォームを選択。

いよいよ競技開始。

Cimg1131 いきなりチャンプカトーさん登場。

6種も1種も負けているので、何としてもこの人には勝ちたい!

風は悪くないものの、この会場特有のアレ。

空気のカベで途中で失速する。

Cimg1135 続いて自分。

投擲台に上がる前に武田くんに一言。「60投げるわ」

そんな風だった。

右からかぶる風だったため、しばらく風待ちしながらタイミングを見計らう。

Cimg1136

最初の数投目で50台半ば。ラインは60出ても良い長さ。

続けていきたいが、風でコート外に流されたり、なかなか伸ばせない。

最後の1投も、最長を超えることはできず、ここで全てが終了。

Cimg1140 北海道選手が続きます。

渡辺さん。

黄色いロッドで出場しているのはただひとり。

シーバスロッドだそうです。

でもこれで50オーバーを2本揃えます。

Cimg1141 そして古屋さん。

ホールの左手に特徴がありますね。

北見のH口さんみたい。

ラインをしっかり捕まえてきていますね。

Cimg1142 職人さん。

次第に風が落ち着き、飛距離を求めるのが難しくなってきている。

が、50台半ばくらいは投げたようです。

Cimg1145 北海道の最後は武田くん。

小柄な体ながら、LoopJunky Hを振るのが凄い。

体格的なハンディをものともせず、50弱の成績は立派。

Cimg1146 一昨年、64mでタイトルホルダーとなった飛行帽さん。

昨年も今年も練習をずっと見ていました。

上手過ぎ。スリムになっても飛距離は落ちてないですよ。

Cimg1150 どくっち選手。

ヨーロピアンスタイルで飛距離を伸ばす。

最後の投擲は気合と集中力が違いました。

56mオーバーで3位入賞。

EV-2の結果です。

Cimg1161_2    優勝は59mでH選手。K林選手イチオシのフォルスキャスト、特にバックループはもう最高の技術。

準優勝は58mのレフティ岩井選手。

自分は何とか6位入賞。諦めずに何とか滑り込み。

Cimg1166_3  こちらはフライ総合の表彰。

優勝は岩井選手。1種、2種、6種の全てが強かったです。

準優勝はチャンプカトーさん。

3位に星選手。

今回は残念ながら4位でメダルに手が届きませんでした。

Cimg1174_2  こちらは世界選手権の代表選手。

緑帽子さんの男泣きが印象的でした。

この5名に加え、北海道の大畑さんが出場。

アイルランドでの9種の金メダルに引き続き、ポーランドでも日の丸を上げてきてください!

全員にその可能性がある、最強メンバーといって良いでしょう。

Cimg1175 閉会式。

K島会長のご挨拶。

今年もまたいろんなアドバイスを頂き、ありがとうございました!

最高の選手達と過ごした二日間は最高でした!

昨年も今年も、忘れられない貴重な経験ができました。

   

気が向いたら続く・・・。

|

« 2008日本キャスティング選手権その3 | トップページ | 2008日本キャスティング選手権その5 »

コメント

フクちゃん、おつかれさまでした。
いやいや、PCの調子が悪くコメント遅くなりスンマセン。

いつも一緒に練習している人が、こんなに素晴らしい成績
残すなんて凄いなって思うよ。
そんなフクちゃんに教えていただいている僕は幸せ者です。
フクちゃん自身、満足できる結果では無かったかもしれませんが、立派な成績で胸を張って良いと思うよ。
また、芝生でヨロシクね。
お疲れ様でした!!

投稿: 鱒 夫 | 2008年6月 8日 (日) 01時37分

鱒夫さん・・・

私も一緒に練習してきて本当に良かったです。
お互いにチェックしあえるし、他の人のキャスティング見てる時に、自分に置き換えることがよくあるんです。
客観的に自分のキャスティングを判断し、練習できる環境があればこそ、上達も早いんだと思います。
ホントにありがとうございました!

投稿: フクちゃん | 2008年6月 8日 (日) 22時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133080/41437355

この記事へのトラックバック一覧です: 2008日本キャスティング選手権その4:

» 客観主義的教育観久保田 [客観主義的教育観久保田大公開]
!!!客観主義的教育観久保田を厳選しました。 [続きを読む]

受信: 2008年6月 6日 (金) 02時47分

« 2008日本キャスティング選手権その3 | トップページ | 2008日本キャスティング選手権その5 »