« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月30日 (土)

日本キャスティング選手権その3

大会二日目。

天候は朝から雨。

本日の競技は第3種・第4種、午後から第1種・第2種。

北海道選手は今回3種・4種の出場者がいなかったため、午後から行なわれた1種にいきます。

1種(フライ正確度):

この種目は日本人が世界でメダル争いをしている非常にレベルの高い種目。

フライ競技3種目のなかで、トップ選手との力の差を一番感じている種目である。

Sakurai どくっち選手

世界選手権でドイツチームからクレームがついたほどの速さ。

今回の大会では本当にお世話になりました。

4年前のこの大会では70ポイントと撃沈したこの1種。「静と動」という表現を

使うならば、この1種は「静」であり、2種・6種は「動」である。

とにかく集中力とリズムが必要なこの種目。投擲台に立つだけで緊張のあまり

めまいがおこる・・・。だが、総合ポイントを狙うには絶対に落としてはならない。

前半組の二人目という早い順番で競技が回ってくる。

全員が競技前練習を終えたところで、早速競技が開始された。

降り続く雨のなかでの1種。

Ev1_fukuda3 「1ミスまではいいや・・・」くらいの気持ち。

ドライラウンドはパーフェクト。

ウェットラウンドへ。

1回でもミスればメダルどころか入賞は間違いなく消える。

が、ウェットラウンド1順目の4番でショート。

その後は全て決め、95ポイントで競技を終了。

ため息と同時に、この時点でラインを回収。後半組の審判の準備。

そして全ての競技者が投擲を終えたところで結果が・・・。

パーフェクトなし。95ポイントで7名でのプレーオフが決定。

日本選手権のプレーオフに残れただけでもう満足。

プレーオフの結果、メジャーリングのミスで3連発のショート。

結果は見なくてもわかった。(笑)

  

さあ、いよいよ最後の種目。

EV-2(フライ片手投げ距離):

投擲順は一番最後。

Ev2_hoshi この種目ほどフォームの違いが出るものはない。

非常に美しいH選手の投擲。

6種の飛距離も素晴らしかった。

Ev2_kitabayashi この種目の前日本記録保持者K選手。

フォルスキャストの美しさが絶品。

こりゃ飛ぶわ・・・・のシューティング!

Ev2_sakurai1 世界選手権で2種開眼!?

マッチプレイでの活躍は記憶に新しい。

ヨーロピアンスタイル。

自分の順番が回ってきた。

ランニングラインの濡れていない第1投目が勝負だと思っていた。

渾身の1投は無情にも投擲台から落ちてファール・・・。微妙な横風で流れるラインを

調整しきれずにほどほどの投擲で時間終了。

降り続く雨の中という悪条件のなか

Hyousyou_ev2a_1  優勝はOさん。

そして銀メダルは職人さんが獲得。

何とか4位入賞したようだ。

  

続く・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月27日 (水)

日本キャスティング選手権その2

昨日からの続き・・・・

サインのため、恐る恐るのぞき込んだ6種の記録表には、このように書いてあった。

1st 79.00

それがどういう記録なのかを理解するのに少々時間がかかった。

公認の風(風速3m以内)ギリギリの良い条件下での練習で、たま~に出るような記録。

まだ最終投擲者が残っている。

タックルチェックをパスして戻ると、ここで全ての競技者が投擲を終えた。

Hyousyou_ev6_2 EV-6(フライ両手投げ距離)

念願だった日本選手権の金メダル!

セカンド記録も良かったので、フライ総合へ望みが出てきた。

昨年は自分のキャスティングを全く見失っていたのですが、自分のフォームを撮影した動画を送った職人さんから、実に様々なアドバイスを頂いていました。そして見つけたのが今のフォーム。感謝しきれません。

自分の投擲が終わったあと、職人さんが私にこう言いました。

「最後になぜあの距離出たか分かる?」と。

そして、その理由を丁寧に教えてくれました・・・・。

日本のトップ選手で居続けている理由が分かった気がします。

さて、次の種目

EV-5(スピニング片手投げ距離):

審判に当たっていたので、競技中の画像がありません。

結果です。

Hyousyou_ev5_1 なんと北海道から出場の大畑選手が優勝!

3位はカルロスさん。

メダル獲得です!

  

続いていきます。

第7種(スピニング両手投げ距離):

Ev7_odagiri 緑帽子選手

第2位:銀メダル獲得

ユニフォームは「ドイツ」?

Ev7_oohata 優勝はまたしても道産子:大畑選手!

ロッドが良く曲がっていますね。

二つ目の金メダル、おめでとうございます!

  

第9種(マルチ両手投げ距離):

この種目の世界チャンピオンは日本人。

アイルランドで行なわれた世界選手権。キャスティング競技で日本人初の金メダルを獲得。

Ev9_iwai それがこの人。

岩井選手

もちろん今回も圧勝で金メダル獲得!

リールの回転音が一人だけ違いました。非常に高い音が聞こえてきます。飛ぶときは音が高いそうです・・・。やったことがないのでわかりませんけど。

プラグ距離総合の成績:

Hyousyou_plug_1 5種・7種・9種の飛距離合計で争われるプラグ総合

優勝は岩井選手の手に!

第2位に大畑選手!

最後の9種は世界チャンピオンの力を見せ付けられました。

  

初日の競技と表彰式は終了。

北海道選手の金メダル獲得を記念して写真をとってもらいました。

Hyousyou_hokkaido2 6種・5種・7種で金メダル3個!

プラグ遠投総合で2位のトロフィー。

大畑選手、フライ種目にも挑戦との情報が・・・。楽しみ!

Hyousyou_hokkaido4 今回の北海道メンバー4名。

明日は2種に3名、1種に2名の出場。

頑張るゾ!

   

つづく・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月25日 (月)

日本キャスティング選手権その1

2007年度(第27回)日本キャスティング選手権大会

6/23・6/24に静岡県掛川市で行なわれ、フライ3種目に出場してきました。

今回の日本選手権に関して、嫁さんに感謝したいと思います。ありがとう!!

(直接言えよ・・・ってね) 

競技会の前日に会場入りするため、22日(金)の朝9時に帯広の自宅を出発。

予定通りに悪天候のため、飛行機の着陸が遅れ、45分遅れで羽田到着。急いで京急で品川へと。しかしここもお約束通り、ダイアの乱れで遅れて掛川行きの新幹線の乗り換えに間に合わねぇかも・・・・。発車3分前に到着。もぅムリ・・・。重たい荷物とロッドの入ったバズーカを抱えたまま品川駅を全速力で駆け抜け、改札をくぐって階段を駆け下りると、新幹線がまだ居ました!!とりあえず発車直前に飛び乗ってセーフ。ラッキー♪。

夕方、同じ北海道から出場の3選手と会場のホテルで合流。

Teamhokkaido1チーム北海道のみんなでパシャッ!

左からW部さん、K屋さん、私、O畑さん。

風呂入って明日に備えます。

さて、23日(土)の競技は5つ。(6種、5種、7種、9種、8種)

6種(フライダブルハンドディスタンス)にK屋さんと私が出場。

5種・7種・9種にはO畑さんが出場。

日本選手権という最高の技術をもった選手が集まるこの機会。競技に出場すること以外にも、情報交換や他の選手を見るという大きな楽しみがある。

タックルセッティングを行い、開会式を終えていよいよ競技開始。

    

第6種目:

天候は曇りで微風。

Ev6_odagiri 緑帽子選手

初めて見る豪快なフォーム!

ロッドティップを高い位置で維持。

Ev6_sakurai2 どくっち選手

美しいベンディングカーブを描いたロッドから放たれた

ラインは70mを超えていった!

メチャメチャ上手い人ばかりだ・・・。当たり前だよナ。

Ev6_yazaki2 そしていよいよ職人さん登場

参加選手の視線を釘付けにするその技術と飛距離。

ここで雨が降り始めるが、美しく放たれたラインは70mを何度も超えていく。ダントツに飛んでいる。なんなんだ・・・コレは。

Ev6_fukuda1最後から2番目。自分の投擲順。

若干短めのラインから開始。

雨で滑る投擲台を気にしながら、慎重にフォルスキャスト。

悩みに悩んで右往左往を繰り返した6種は1ヶ月ほど前にやっとフォームが固まったばかり。記録が安定しないままこの日を迎えた。

納得いくようないかないような投擲が続き、ランニングラインをリールから引き出しながら距離をちょっとづつ伸ばしていく。

そうこうしているうちにランニングラインのトラブル発生。グチャグチャに絡んでしまった。

残り1分。

ほどいているヒマはない。思い切ってカットし、ブラッドノットで結びなおす。

最後の一発に賭ける決心をし、リールからランニングラインを5回くらい引き出す。残り時間ギリギリまで良い風を待った。

最後の1投。

「クンッ」というラインがのった感触を残し、暗い空に入って視界から消えたT-120。自分には飛んでいくラインが全く見えていなかった。いつまで経っても落ちてこないラインが見えてきた時、ランニングラインが全て出ていきリールが鳴いた。

次の投擲の時間は残っていなかった。

そして「終了!」の声。

記録確認とサインをしに記録地点へ。

    

そこには驚くような数字が記入されていた。

  

続く。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年6月22日 (金)

2007日本選手権

キャスティングの2007日本選手権が6/23・6/24に静岡で開催されます。

北海道からの出場なので、明日のヒコーキとシンカンセンで向かいます。

凄い選手達が集まる大会なので、今からワクワクしています!

ちなみに天候は4日間ずっと雨との予報ですね・・・。いまのところは。

  

生まれたばかりの赤ちゃんがいるのに一人で4日間も・・・何てヤツだ!

って思いますよね。ひどいパパでゴメンね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年6月18日 (月)

6/12に生まれた長男がやっと退院して、昨日からお家に来ました~。

予定日より2週間早く生まれました。190615a_1

生まれたときの体重は2,674g

ちょっと小さめかな~。自分は3,700gくらいあったらしい。

どっち似だろ?

大きくなったら一緒に釣りにいくよ!!

頑張って大きくなってね!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年6月12日 (火)

報告!

6月中旬なのに、帯広で真夏日を記録した本日6月12日。

我が家に家族が1名増えました!

今度は男の子だ!でかした!!

ヤッター!!

男の子とわかっていたけど、生まれてきたところを見ると

ちょっと嬉し過ぎるなァ・・・・・。

Cimg0482 というわけで、ちょっと一人暮らしです。

また回鍋肉?

美味しけりゃなんでもOK。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年6月 7日 (木)

やっぱり雨だよね・・・

日本選手権(6/23、6/24)まで、休日は今日を入れてあと2回。

練習開始時刻には雨があがったけど、芝生は濡れている。

  

EV-1

190607ev1a_1 T-38オレンジラインに慣れるため、とにかく

セット数をこなす。   

横風にはいつも苦労するのだ。

今日は可も無く不可もなく・・・。

      

EV-6

190607ev6a先日の競技会ではテーリング気味の

ループが多かったので時間をかけて

修整。なかなか安定しないもんだな・・・。

そしてバックキャスト。

コイツは永遠の課題だニャぁ。

   

EV-2

諸事情により1回お休み。☆ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 1日 (金)

微調整

朝まで降り続いていた雨で芝生がまだ乾いていなかったが、午後から練習開始。

EV-2での飛距離のバラつき。

原因はすぐわかった。

微妙~なロッドハンドの軌道のズレ。

飛距離を伸ばそうとするあまり、リキみが出ていたのだろう。

気をつけなければ。

調整に時間を使って今日の練習を終了。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »