« 2007日本選手権 | トップページ | 日本キャスティング選手権その2 »

2007年6月25日 (月)

日本キャスティング選手権その1

2007年度(第27回)日本キャスティング選手権大会

6/23・6/24に静岡県掛川市で行なわれ、フライ3種目に出場してきました。

今回の日本選手権に関して、嫁さんに感謝したいと思います。ありがとう!!

(直接言えよ・・・ってね) 

競技会の前日に会場入りするため、22日(金)の朝9時に帯広の自宅を出発。

予定通りに悪天候のため、飛行機の着陸が遅れ、45分遅れで羽田到着。急いで京急で品川へと。しかしここもお約束通り、ダイアの乱れで遅れて掛川行きの新幹線の乗り換えに間に合わねぇかも・・・・。発車3分前に到着。もぅムリ・・・。重たい荷物とロッドの入ったバズーカを抱えたまま品川駅を全速力で駆け抜け、改札をくぐって階段を駆け下りると、新幹線がまだ居ました!!とりあえず発車直前に飛び乗ってセーフ。ラッキー♪。

夕方、同じ北海道から出場の3選手と会場のホテルで合流。

Teamhokkaido1チーム北海道のみんなでパシャッ!

左からW部さん、K屋さん、私、O畑さん。

風呂入って明日に備えます。

さて、23日(土)の競技は5つ。(6種、5種、7種、9種、8種)

6種(フライダブルハンドディスタンス)にK屋さんと私が出場。

5種・7種・9種にはO畑さんが出場。

日本選手権という最高の技術をもった選手が集まるこの機会。競技に出場すること以外にも、情報交換や他の選手を見るという大きな楽しみがある。

タックルセッティングを行い、開会式を終えていよいよ競技開始。

    

第6種目:

天候は曇りで微風。

Ev6_odagiri 緑帽子選手

初めて見る豪快なフォーム!

ロッドティップを高い位置で維持。

Ev6_sakurai2 どくっち選手

美しいベンディングカーブを描いたロッドから放たれた

ラインは70mを超えていった!

メチャメチャ上手い人ばかりだ・・・。当たり前だよナ。

Ev6_yazaki2 そしていよいよ職人さん登場

参加選手の視線を釘付けにするその技術と飛距離。

ここで雨が降り始めるが、美しく放たれたラインは70mを何度も超えていく。ダントツに飛んでいる。なんなんだ・・・コレは。

Ev6_fukuda1最後から2番目。自分の投擲順。

若干短めのラインから開始。

雨で滑る投擲台を気にしながら、慎重にフォルスキャスト。

悩みに悩んで右往左往を繰り返した6種は1ヶ月ほど前にやっとフォームが固まったばかり。記録が安定しないままこの日を迎えた。

納得いくようないかないような投擲が続き、ランニングラインをリールから引き出しながら距離をちょっとづつ伸ばしていく。

そうこうしているうちにランニングラインのトラブル発生。グチャグチャに絡んでしまった。

残り1分。

ほどいているヒマはない。思い切ってカットし、ブラッドノットで結びなおす。

最後の一発に賭ける決心をし、リールからランニングラインを5回くらい引き出す。残り時間ギリギリまで良い風を待った。

最後の1投。

「クンッ」というラインがのった感触を残し、暗い空に入って視界から消えたT-120。自分には飛んでいくラインが全く見えていなかった。いつまで経っても落ちてこないラインが見えてきた時、ランニングラインが全て出ていきリールが鳴いた。

次の投擲の時間は残っていなかった。

そして「終了!」の声。

記録確認とサインをしに記録地点へ。

    

そこには驚くような数字が記入されていた。

  

続く。

|

« 2007日本選手権 | トップページ | 日本キャスティング選手権その2 »

コメント

フクちゃん大変お疲れ様でした、北海道に大金星をありがとうございます。
快挙を聞いて皆、シンジラレナーイと言っていました。
北海道が日本選手権で常勝軍団になりたいものです、来年の帯広も楽しみです。
道北地区の面々も頑張ります。
改めて「おめでとう、そしてありがとう!!」

投稿: 旭川事務局 | 2007年6月26日 (火) 07時20分

お疲れさまでした。そして、ホントにおめでとう!!
これから始まる更なる、面辛い(古い)キャスティング道をギリギリしながら進みましょうね、お互いに。

これからも情報交換よろしくです。

投稿: どくっち | 2007年6月26日 (火) 10時06分

こんばんは。続きが超気になります^^
早く続編を見たいっす!

投稿: mochi | 2007年6月26日 (火) 20時05分

ふくちゃん!!!おめでとう!正真正銘日本一のフライキャスターですね(^_^)v
素晴らしいの一言に尽きますわ!

投稿: 雪代(ゆきしろ) | 2007年6月26日 (火) 21時24分

おめでとう!
日本一か~凄い!
目標が近くに居ると燃えてきますよ!

投稿: 千葉貴彦 | 2007年6月26日 (火) 21時30分

ふくちゃん おめでとう
2007年フライキャスティングチャンピオンですねぇ
大阪からも目標にがんばります
また楽しくきびしい戦いをしていきましょうね

投稿: 緑帽子 | 2007年6月26日 (火) 22時10分

>旭川事務局さん

旭川の忠和公園で一人でプリミエール振ってたとき山田さんに会ったのがトーナメントキャスティングの始まりだったんですが、あれから丸6年が経つんですね。なんとも不思議な縁で、僕の住む土地には常に凄い人や練習場所など良い環境がありました。旭川では山田さん、苫小牧では加藤さん、札幌の内山さん。合同練習がレベルアップに繋がったのだと思います。
是非また北海道を盛り上げていきましょう!


>どくっちさん

日本最高の技術をもつ選手、世界レベルの選手達とずいぶんと色々なお話ができた最高に貴重な時間でした!
自分で言うのもなんですが、この1年が自分を変えたと思います。
チャンプカトーさんとカルロスさんが来てくれた昨年の北海道オープンのように、トップ選手の投擲を直に見たりアドバイスを頂ける事ができたのが大きいです。
今回は残念ながら参加されませんでしたが、チャンプカトーさんに宜しくお伝えください。


>mochiさん

フライ競技の3種目しか出ていないので、一つひとつじっくりいきますね。


>雪代さん

4年前に出場した時は惨敗でした。
自分の持っている力を出し切って惨敗だったし、トップ選手の凄さや圧倒的な力の差を感じた事を覚えています。
ある日突然記録が伸びることはあっても、突然上手になったりすることは無いですね。実力がちょっとづつ身について、何かのきっかけで結果が出るのでしょう。地道にコツコツが一番ですね。


>千葉さん

アングラーズ#8の日本記録保持者がナニをおっしゃいますか~!(笑)
競技会で千葉さんに勝ったことって殆どないし・・・。
だから私も燃えて練習しますよ!!


>緑帽子さん

今回はたまたま6種の1発だけ飛びましたが、実力的にはまだまだと思っています。1種のプレーオフもあのザマで・・・。競技会でパーフェクトを一度もとったことがないんですよ!!(^^;) マジで頑張ろ!
これからも緑帽子さんのブログを見て勉強させて頂きます。

投稿: フクちゃん | 2007年6月26日 (火) 23時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133080/15558648

この記事へのトラックバック一覧です: 日本キャスティング選手権その1:

« 2007日本選手権 | トップページ | 日本キャスティング選手権その2 »