« HCK帯広春季競技会 その2 | トップページ | 晴れると・・・・ »

2007年5月23日 (水)

HCK帯広春季競技会 その3

話は競技会前日の5/12(土)に戻ります。

既に帯広入りしている古屋さんが会場で練習しているという連絡をうけ、仕事が終わってからそのまま向かいました。もう日が落ちて暗いし、照明設備なんて無いはず・・・。

全種目で安定した力を発揮する古屋さんのキャスティングセンスは素晴らしいものがあり、なかでも6種は競技会のたびに必ず見るようにしています。会場に到着すると、誰もいない芝生のなかに一人で黙々と振っている人を発見。ハッキリいって怪しいおじさんでした。(笑)

6種では数種類のラインを試している様子。ラインの長さと重量の関係から普通に考えるとあり得ない振りづらそうなセッティングなんですが、実際振ってみると「???」。意外と良い感触が。ロッドにもよるのかな・・・。私ぁ何本もライン買えないので大きな変更はできませんが、参考にさせてもらいました。

フォルスキャストもパターンをいくつも持っており、説明しながらキャスティングを繰り返す古屋さんを見ていました。安定した強さの一端を見た気がしました。

Ev6konishi2_1写真は帯広のKさん

6種の練習開始から1ヶ月。

初参加ながら60m超えは立派!

ラインを捕まえているときは曲がり方も良い

さて、古屋さんとの暗闇プチ練習会が終わり、家に帰ってから明日の競技会準備物を再度確認。もう大丈夫。ゴハン食べて風呂入って・・・って思ったのもつかの間、一番大事な「記録表」がない~~~っ!!

内山さん、夜遅くのあんな時間にありがとうございました!m(_ _)m

|

« HCK帯広春季競技会 その2 | トップページ | 晴れると・・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133080/15175607

この記事へのトラックバック一覧です: HCK帯広春季競技会 その3:

« HCK帯広春季競技会 その2 | トップページ | 晴れると・・・・ »