« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月29日 (火)

-秋- サンマの秋

タイトルに特に意味はありません。

連日の暑い日々もようやく一段落。今日は気温が低く、昼頃から雨が降りはじめました。静かに鳴き続ける虫達の声を聞くと、もう夏が終わったんだと知らされます。

そして綺麗な水が流れる川へ。しばらく川から遠ざかっているうちに、もう水も風も秋の香り。そこでは静かに時間が流れていました。

Cimg0195いかにも出そうな場所でちゃーんと出てくれる。今日は一日水面直下のウェットで。

かわいいニジ君達が遊んでくれました。川原を歩きまくった疲れが癒されるんです。この時期にネオプレーンウェーダーはキツ過ぎます。暑過ぎます。重過ぎます。蒸れ過ぎます。不快過ぎます。しかも左足から浸水し過ぎます。(T T)

Cimg0197

ピーコックセッジ#8

リードのプロフェッサーを無視し、ドロッパーに結んだこのフライばかりが大人気。ロッドごとひったくられるような感触をしばらく味わってないなぁ。

・・・・んで、また練習?

Masuo1 最近よく登場する鱒夫さん

やっぱりこの人、かなり変態です。15’#10のダブルハンドを初めて振って二日目。

飛ばしっこしたら、負けてしまいました!!それにしてもまだ二日目ですよ。40ヤードをず~っと連発されても困るんですけど・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月25日 (金)

伸びたー!

暑くて熱い日でした。

しばらくやる気のしなかったEV6 ダブルハンドディスタンス。

とある人物の助言通り、ロッドハンドである右手への集中。「右手を連れていく」というその感覚を叩き込むため、まずはリキまずにスムーズなループを作ることに意識を集中。ママーのスパゲッティみたいなぶっといT-120オレンジラインのコントロールは難しい。

微風の条件ながらまずまず納得のいくループが出来て距離が伸びた今日の練習。キャスティングで精神状態が左右されてたらとても生きていけない・・・。でも今日はとても気持ちよく、メチャクチャ元気が出ました!

EV1 フライアキュラシー

Dvc10004_1 鱒夫さん、1種に参戦か!?

いきなりだけど、センスあるってことなんですよね。練習熱心、研究熱心。

やり方を教えたら今の立場が危うくなること間違いないナ。あっという間にブチ抜かれそう。(笑)

  

自分の練習は開始から1ミス・2ミス。3歩進んで3歩半下がったかな。今日からリーダーのテーパーを変更してみたけど、風が巻いていて今までとの感覚の違いがハッキリ感じられませんでした。平均点は間違いなく伸びてる。だけど、詰めが甘い。

Cimg0181_1 指。

親指の関節が腫れて激痛が。

検査の結果、靭帯が伸びてるらしい。ホネには異常なしで一安心。

 

060822f トレーニング。

北海道オープンでチャンプ加登さんやら千葉さんの話を聞いて、1ヶ月くらい前からジム通い。あの話聞いてしまったら、そりゃいつまで経ってもあの人たちには追いつけないよぉーって。

んで、昨日自分の写真見てビビリました。あと5kg欲しいな。「パワーをなめちゃいかんのだ。」by 柔道部物語 三五十五

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年8月21日 (月)

10日ぶりの練習を

キャスティング練習してきました。

今日は曇り空で風がほとんど無く、良い条件での練習ができました。駒大の試合があるので昼過ぎまで3時間程度。

1種:

ループの形を意識してやるようにしています。初回から連続パーフェクトと好調。その後は1ミス、2ミス・・・ほとんど全部ショートで外している。そしていつも1番と5番が鬼門だニャァ。おっといけねぇ、うつってしまった・・・。

リーダースペックについてもう少し研究の余地あり。色々つくってあそんでみようかニャァ。

2種:

今は自分のなかで4つのポイントに絞っての練習。前回から10日の間隔を空けただけでコントロール出来なくなっている事があるという情けない状態。全然体で覚えていない証拠。アタマで考えながら、もうちょっとあーでもないこーでもない。。。。むぅ・・・・・・・・・。シビア過ぎる。

6種:

やる気がしない。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年8月15日 (火)

お祭り

昨年に引き続き、帯広の平原祭りに顔を出してきました。

もちろんちゃ~んと仕事が終わってからだよ・・・。ちゃ~んと。嫁さんと娘が先に行って見てるようで、迎えに行っただけなんですがね。

突然の呼び出しでもちろん着替えが無く仕事着のままだったので、誰か知り合いに見られたら恥ずかしいな~って思ってたら案の定!しかも3人も!!あんなに人だらけなのに、運命の出会いってヤツですね!(笑)

お祭り見て、そば食べて、かき氷食べて満足の一日。

また来年。え?来年はチーム作って踊るって!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月11日 (金)

本流のポイント

本流へ

ちょっと上

いかにも魚のつきそうな流れ。

Cimg0173 水深のある瀬

この波立つ感じが

雰囲気あるねぇ

 予想通りCimg0176_1魚が入ってた。タイプ3のシンクティップ。

#6のガードナー

ニジマスキラー

Cimg0179 これまたよだれモノのポイント。

んで、小型しか出ないよネ・・・。

連日の暑さで水温が高い。

ウェーダーは右のフット部が浸水してグチョ濡れ。水が溜まるくらいひどいんだ。修理したのになぁ。

このポイントでは羽アリにライズする小型が確認できたが、大きいのは出てこない。

この二日間、スズメバチに何度となくまとわりつかれた。7年前の8月にアタマを刺された記憶が脳裏をよぎる。アレは痛いぞ!ホント勘弁してくれ!あの独特の重低音・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月10日 (木)

2連休!

今日から2連休。

おうちの許可を頂いたので、これから二日間ひとりで放浪してきま~す。

たぶんそのへんで一人キャスティング合宿か、釣り三昧の時間か。

行ってきまーす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 7日 (月)

つかれる

なんだかつかれることがおおい。

ねる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月 5日 (土)

ケガ

トーナメントを始めた5年前。旭川に住んでいた頃、2種の練習が終わると手の甲から手首にかけて大きな痛みがあった。それでも湿布を貼って練習を続ける日々を送っていると次第に痛みが大きくなっていき、近くの整形外科へ行くと「腱鞘炎」だと。想像はついてたケドね。「早く治してくれ」という希望とは裏腹に「休ませろ」といわれても困ってしまう。

その痛み、今年は不思議と練習後に痛くなることが無くなった。2種に必要な筋力がついてきたのかもしれない。余計な力が必要無くなったのかもしれない。集中して1時間振るととても疲れる。けど手首とか肘とか肩とかは全く痛くならない。シューティング時に感じるラインの重みは以前と同じなのになぁ・・・いや正確にいうと以前よりも増している感じすらあるのに・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月 3日 (木)

暑い・・・練習

今日も鱒夫さんと9時から練習。このクソ暑いのに好きですよね、ホント!暑さにやられながらも太陽にジリジリ焼かれながらも、「暑ぃ~!」って言いながらヘトヘトになって嬉しそうに頑張るんです。ちょっとMっぽいです。私は暑い日は上半身裸で竿(フライロッドです!)振ってるんで、そのうち通報されるかもしれませんね。

で、その鱒夫さん。練習開始した頃から比べると上達の度合いが良く分かります。ソッコー抜かれないかと今からヒヤヒヤしながら合同練習する日々です。

で、自分の練習。

今日の1種はパーフェクト1回であとはボロボロのメタメタのグダグダ。風がちょっと巻いていたとはいえ、それじゃダメでしょー。>オレ

2種は好調。おとといの練習で掴んだ感覚がコントロール出来てきた感じです!オレンジでもグレーでも同じようにイケる。

6種はオレンジラインに変えてからドラゴンループの嵐。途中で止めました。(笑) ロッド変えた方がいいかも知れんなぁ・・・。全然合ってない感じ。どなたかK-2下さい。m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月 1日 (火)

よく飛んだ~

二日間の深夜作業が終わり、時間ができたので夕方練習してきました。

今日は風速3~4m前後で風がキレイに抜ける絶好の条件。緑帽子さんから得たヒントを頭にいれて「うおりゃぁ」って振ってみると・・・・・2種で自己記録を連発。アドレナリン出まくりの練習でした。タックルとパワーの限界だと思っていたが、全て技術の問題でした。

う~ん、あのブログは読む価値あるぞ~!!

Dvc10002

| | コメント (2) | トラックバック (0)

息をのむ瞬間・・・

1週間前の25日夕方。本流の某ポイント。重たい流れが連続するポイントは静まり返っていた。

19時を回った頃、どこかで「ガボッ!」という音。周囲を見渡す。しばらくして強い流れを挟んだ対岸のたるみで再び水面が炸裂。

Cimg0166  

 

 

ポイントが遠いよ・・。何度やってもラインコントロールが難しい、というか、出来ねぇよ。

んで、結局出ませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »