« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月30日 (木)

1週間前だけど・・・

1週間前(笑)、釣り仲間(ルアーマン)と二人で十勝川へ。水温も濁りの状態

も完璧で、期待して川に入った。

朝から夕方までやって彼が3本で私が1本。良いサイズは出てこなかった。

春に近づき、刻一刻と状況が変わっているようです。

180323

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月22日 (水)

水中の動き

長くて柔らかいマテリアルを使ったフライは水中での動きが抜群。最近よく使うようになったチューブフライのロングテール。魚よりも人間をゾクゾクさせるその存在感と動き。フライには釣れそうに見える美しさが必要だと思う。

stgltb インチ半のPTチューブに巻いたスティングレイ・ロングテール

魚を魅了する能力はズバ抜けている

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月17日 (金)

昨日の続き

アメマスが「どんなフライでも釣れる」と時間がかかってわかるようになってから、フライの選択だけでなく釣り方も随分と幅を持たせて考えるようになってきた。どんなやり方でもOKな釣りなので、他の釣り人の考え方とかやり方にもとても興味がある。

今は数を犠牲にしてもサイズを出す事に熱中。もっと大きなサイズを出す良い方法は無いだろうか?

180316fd アメマスの背中

綺麗な虫食い模様

 

180316id アメマスちゃんの顔

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年3月16日 (木)

また出た・・・

今年2回目の釣行です。

今日は朝から気温が高くて風もあまり無く、絶好のコンディションに恵まれました。用事があるため、釣りは13時までの時間限定。朝の1投目から集中してやりました。

ポイントに入って30分くらい。チューブフライで1本目の52cm。さらに40台を1本追加。しばらくして、なんとなく上流側に移動。ロングテールを結んでからSS17でフルキャストを繰り返す。

数投目。スィングの終了間際、フライが押さえ込まれる。「ズンッ!」っという重たい手ごたえにドキドキ。アメマスの重さと首を振る時の振幅で小さくないことがわかる。慎重にやりとりして岸際に寄せていく。ファイト中の感覚で「80くらいあるかな~」と勝手な希望を抱きながら5分くらいかけて無事にランディング。

80cmに全然足りないけど嬉しい71cm!重たい流れの流芯に張り付いて抵抗を続けためっちゃパワフルなアメマスでした。バレなくて良かった。

180316bロッド:CAPRAS SPACESHOOTER 1712D

フライ:スティングレイ・ロングテール

 

180316hd 体側のアップ。

ウロコがキレイで小さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月 8日 (水)

フィッシング!

今年初釣りに行って参りました。

思ったよりずっと早く雪解けが進んでいました。例年より2~3週間は確実に早い感じです。

Sany0002  

 

15時までやって4ゲット、2バラシ。サイズはアベレージの40クラスばかりでしたが、でもダブルハンド振ってアメマスの姿を見てリフレッシュできました。平日なのに人も多かった印象。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 6日 (月)

ロングテールを巻く

ここ何年も十勝川本流のアメマス用にとスクイッドパターンのチューブフライを巻いてきた。今後しばらくは、さらなる大型フライであるロングテールを試してみようと思う。

何種類か巻いてみると、2インチを超えるサイズになるとバランス的にテールとなるサドルハックルの長さが足りないことに気づいた。長さのある良質のものを揃えなくては・・・・。

まぁ結局はどんなフライでも釣れるので、遊びながら真面目にふざけたフライなんかも色々試してみようとは思っております。

ognlongtail11 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 2日 (木)

タイイング再開

「忙しい」という理由をつけてサボっていたタイイングを再開。故開高健さんも「総じて言うて人生は短い」と言っていたしネ。これからは今まであまり使ってこなかったフライの開拓をやることにした。

写真はスティングレイ・ロングテール。全長15cmを超える大型フライ。チューブフライのバリエーションのひとつで、十勝川本流に潜んでいるであろう更なる大型のアメマスを狙うために使ってみる。

stglongtail2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »